注目

Health-Marketing

一億総健康最優先の『生き方改革』時代へ!心身共に生涯健康へ意識改革とライフスタイル設計の見直しがこれからの人生の最重要課題!

❤HOT-NEWS 驚異のスーパーダイエットサプリ『ヌーイ』誕生!脂肪燃焼率800倍!

一億総健康最優先の『生き方改革』時代へ!

これからの日本社会の生き方改革

1.ANTI-AGING「若さは蘇る」 !

心身共に生涯健康への意識改革とライフスタイル設計の見直しが最重要テーマ!

不老長寿の「長寿」は可能な時代になりました。しかし心身共に健康な長寿でなければ意味がありません。老化の原因には大きく三つあると言われています。一つは、人間の肉体的機能の寿命と精神力の低下。二つ目は、酸素による酸化に伴う老化。三つ目は、重力による整体変化です。医学の力で克服可能なものと困難なものがあります。しかしいずれにせよ、健康維持への意識改革とライフスタイル設計の見直しというテーマに、自助努力が基盤になる事に変わりはありません…。

ANTI-AGING の秘訣「若さは蘇る!」

2.健康DIET-LIFEの推進 !

肥満は生活習慣病や認知症リスクを高めると言われています ! DIETとは心身の健康設計!

高齢期のアルツハイマー性認知症は、肥満の人の方がそうでない人よりも発症確率が高く、また肥満は社会人になってからの中年期にその要因がある!と言われています。認知症を防ぐには、高齢者になってからでは遅く、若い頃からの予防的意識が重要です。「生涯健康」への意識改革とライフスタイル改革が求められます。

SUCCESS DIET-LIF ダイエット大革命!

❤『ダイエット大革命!』

世界初DIET-LIFEマニュアル書(amazonkindle出版)

3.健康維持へのBESTプログラム!

必見!体験と研究に基づく絶対的推奨の健康維持プログラムBEST13項目!

1.医療的効果抜群の健康食品習慣。 2.野菜は栄養バランス上豊富に必要。 3.「ココナッツ油」はスーパーオイル。 4.恒常的便秘は毒素を増やし最大の敵。 5.若さホルモンの欠如を防ぐ事が一番 。 6.いつまでも元気に「歩く」が基本 。7.徐々に弱くなる腰・背・膝・手等の関節部位。骨や筋肉の老化と神経が理由です。サポーターを身に着ける習慣が大切です。 8.首や背中の曲折が神経伝達を阻害、睡眠が果たす役割。 9.老後の認知症の予防と対策サプリ。10.どこでも出来る全身トレーニング。11.ぶら下がり運動!これを1台お家に置いて毎日ぶら下がるだけで絶大なるアンチエイジング効果を発揮します。決して図にあるようなトレーニングはしないで下さい。ぶら下がるだけで結構です。12.の大切なプログラム「セルフサプリメント」。 13.NET市場における健康ランキング上位の商品・サービス。…


健康維持へBest-Choice !

4.高齢期は交遊期なんです!

高齢者は消費のプラチナ層! 趣味や旅行や学びに興じお金を使えば心身の健康へリターン!

日本は全ての分野に於いて高齢者富裕層に対するマーケティングが弱い。高齢者を医療介護費の膨張層という悪イメージ改め、高額市場のメジャー層と善イメージで捉えます。戦後の流行や国際化を推進してきた団塊世代の活力を引き出すべきです。「健康/スポーツ/レジャー/趣味/学び」等をテーマに、悪役から一転!消費の主役へ!

医療介護費削減と地方創生に繋がるシニアの国内旅行!

5.NEW SECOND-LIFE

①健康維持への取組を基盤に国難対策への草の根作戦!

地域が変化しています。自治会及び各種協議会の会長等、地域の主たる重鎮が団塊世代へと移っています。戦後の近代化を推進しグローバルな文化を取り入れた世代。モンスターペアレントと言われた行動力有る世代。地域の改革推進のチャンスです。①親・子・孫の三世代が集う「生涯スポーツ」の推進! ②「レガシー事業」内需に繋げるの観光の推進!等、「健康維持」プログラムの充実で地域活性化を推進します!

②労働力不足を補う高齢者&女性の就労促進は現状においては全く進んでいません…!

高齢者の求人ベスト3は①警備②ヘルパー③夜勤です。むしろ高齢者には避けるべき肉体労働ばかり。これまでのキャリアやノウハウや人生経験を活かした登用が求められます。また中年女性の引きこもりが顕在化しています。女性のモチベーションを引き出す転職就労支援が求められます。

③メタボ対策強化 !肥満は認知症リスクを高める!DIETとは心身の健康設計!

高齢期のアルツハイマー性認知症は、肥満の人の方がそうでない人よりも発症確率が高く、また肥満は社会人になってからの中年期にその要因がある!と言われています。認知症を防ぐには、高齢者になってからでは遅く、若い頃からの予防的意識が重要です。「生涯健康」への意識改革と生活設計が求められます。

心身の健康維持のエネルギーは、やっぱりときめきでしょうか!?

6.生涯スポーツの推進「GOLF」!

生涯スポーツの推進に推奨GOLF!三世代家族の復活と地方創生に貢献します!

シークレットメッセージ!「テキストによるイメージレッスンでシングルプレーヤーになれます!」

地域コミュニティを改革せねばなりません。自治会及び各種協議会の会長等、地域の主たる重鎮が超高齢者となって活性化にブレーキがかかっています。地域の主役を団塊世代へと移し、戦後の近代化を推進しグローバルな文化を取り入れた世代に地域高齢社会の活性化に取り組んで頂きましょう。何と言っても改革の主たるテーマは「健康寿命」です。まずは、親・子・孫の三世代が集う事が出来る「生涯スポーツGOLF」の推進を地域の活動として取り組んで参りましょう!地方創生にも繋がり、一日中空気の綺麗な芝生で子供の頃のように元気に活動すれば認知症から縁の無いセカンドライフが送れるようになるのではないでしょうか!?これからの地域高齢社会には、元気あるコミュニティ活動が求められます!

少し話が変わりますが、世界の何処にも無い「テキストによるイメージレッスンでシングルプレーヤーになれる目から鱗のスペシャルレッスン書(マニュアル)」があるのをご存知ですか?ゴルフ大好き老若男女の方々は必読ですよ!シークレットメッセージでした…。


●一言解説

人は引力と戦って生きています。体重はその戦いのリスクになっています。決して太めの人が良くないとか言う事では無く、人生100年時代の「健康長寿」という観点から捉えると身軽な方が一生通じた負担の累計は少ない筈です。健康維持のバロメーターは決してこの要素だけではありませんが、中高年になってから手や肩や首の関節などが痛む方が多いのは、首や背中や腰などが曲がり始める事で、脳からの発信が神経を通って体の隅々まで行きにくくなるからだと言われています。繰り返し言いますが細い方が良いというわけでは決してありません。また、障害のある方々の事を忘れてこういう事を決して言うものでは無いと思います。ただ、せっかく現時点で健康な人が、暴飲暴食や運動不足が故に健康を害し、病院へ通い続け後期高齢者の頃には要介護状態になってしまいますと、国の財政の問題もそうですが、何より、ご自身の老後が楽しく生き甲斐のあるセカンドライフから遠ざかってしまいます。ですから、私が強く申し上げたいのは、経済(お金)優先の時代から健康維持最優先の時代へと、国も地域も企業も人も、価値観の大転換を図らねばならないという事です。人口は確実に急激に減少して行きます。島国ですからそう簡単に海外からの移住者も増えません。全ては、国民が長く働き遊び恋する事で、AIだけに頼らない新しい社会が創造出来るのです。官民挙げて、この健康マーケティングに取り組まねばなりません。キーワードは「健康維持への意識改革」です。全世代で取組みましょう!誰しもがいずれ必ず高齢者になるのですから…。昔の様な隣近所が助け合う街づくりが求められています。どの地域も高齢者ばかりになって行くからです。ただ、昔と少し違うのは、NETを活用した隣近所の地域コミュニティが確立出来るという点です。国のユニットとなっている地域コミュニティこそ、特に改革し変わらなければならないということですね…。

これからの地域高齢社会をサポートするプロジェクト!

地域高齢社会に寄り添うソーシャルマーケティング「暮しのサポートプロジェクト」